へバーデン結節とは?

【はじめてお越し頂いた方へ】グルコサミンサプリメントがへバーデン結節を治療してくれる理由

へバーデン結節とは、年齢を重ねることで起こりうる指の関節の病気ともいうべきもので、指全体がはれるというものではなく、指の第一関節部分がはれてくる病気です。 はれるということは、やはり痛みも伴い、正常な場合なら指を動かす際に大きく動かせるものが、あまり動かせない、または動かせる範囲がすくなくなります。 また、はれや痛み、指があまり曲がらないという症状だけでなく、中には水ぶくれのような嚢腫ができてしまう方もおられます。

へバーデン結節の病になった場合、症状として手に力が入らず、手が握れない状態になってしまうことや手がこわばるというような症状になる方もおられる病気です。 一般にヘバーデン結節の原因として、考えられているのが、指の関節症であり、詳しくは、変形性の関節症と考えられています。 要するに、高齢になると手が節くれ立つとよく言われますが、そうなる前に症状として痛みが生じることが多い、又、その症状が出た場合、病名としてヘバーデン結節ということになるのです。 指の第一関節が変形、更には狭小化となり軟骨までも変形する、それが変形性関節症となり、その症状が進むことによりヘバーデン結節という病気になってしまうということがいえます。 ただし、同じような症状で関節がまがってしまう慢性関節リウマチとは、異なる病気です。

つまり、ヘバーデン結節は、変形性関節症という関節の軟骨部分が老化することや磨耗により起こってしまう軟骨または骨が変性する疾患あり、手の指の場合において、変形性手関節症をはじめとして、ブシャール結節や他関節症と同様にその関節症の一種とも言うべき病気なのです。 そもそもヘバーデン結節とは、手の指部分である、第一関節部分の背側にできてしまう骨が変形したことにより膨らんでいることをさすといわれています。

こうした症状の場合、病院での検査として、レントゲン検査を行い、関節部分の骨を確認し、ヘバーデン結節であるかを判断することとなり、ヘバーデン結節症ということになると、関節の裂隙が狭小化し、骨が棘のようになっています。 手に指が膨らんでいる、もしくは、痛みがある、手がこわばる、指があまり曲げられないという症状の場合、一概にヘバーデン結節とはいえませんが、関節症の疑いが強いと思われますので早めに医師への受診をお勧めいたします。 ただ、中には、手術をしても治る見込みが薄いという報告もあり、完治することは難しいとも言われる関節症ですが、年齢を重ねることで症状も落ち着くというケースもありますので、ヘバーデン結節の方の場合、治療はあせらず、ゆっくり取り組むことがよいといわれています。

<< へバーデン結節治療ランキング MENU >>

 サイトTOP  へバーデン結節とは  治療方法  原因について  予防方法  症状について  病院で治療  手術

 変形性関節症  テーピング  足のへバーデン結節  漢方治療  親指のへバーデン結節  グルコサミン





copyright 2010 へバーデン結節治療ランキング Limited