足のへバーデン結節

【はじめてお越し頂いた方へ】グルコサミンサプリメントがへバーデン結節を治療してくれる理由

ヘバーデン結節とは、主に指関節が痛む、はれる、変形するという症状ですが、みなさんに知られている症例としては、手の指関節が多いと思います。 ですが、実際には、ヘバーデン結節という病気は手だけでなく、足にも症状を起こし、足の指が変形する有名な症例とする外反母趾のおくには、実は、このヘバーデン結節が隠れているとされています。 また、現に足の指関節が変形してしまっている、重症の患者さんが多いのにも関わらず、この足の指関節に色々な症状をもたらすヘバーデン結節のことは知る人が少ないのが現状なのです。

ヘバーデン結節の症状は、指の第一関節がはれる、痛む、変形するという症状ですが、実際外反母趾として病院へ相談にくる方の半数は、ヘバーデン結節であるといわれるほど、手の指関節だけでなく、足の指関節がはれる、痛む、変形してしまう症状は皆さんが思うよりはるかに多くおられます。 又年齢層として、30代の後半ぐらいから、50歳前後までの女性に多く、主に50歳代の方なら50人に2人は、このヘバーデン結節といわれるほど多い病気なのです。 更にこのヘバーデン結節の場合は、1本の指が急に痛む、はれると成る場合、その指だけでなく、他の指にまで移動し、全体の指が最終的には曲がってしまうケースも少なくありません。

もちろん、この痛み、はれ、変形は、手の指関節だけでなく、足の指関節も同様に痛くなったり、はれたりしますし、最終的には、外反母趾のような変形を起こします。 ですが、実際のところ、専門家でもリウマチであるか、外反母趾であるか、更には、ヘバーデン結節なのかということがはっきり診断できなく、見落とすケースも意外に多いのは確かなようです。 また、ヘバーデン結節の場合、足からそのような症状を起こす方、手からそのような症状が起きる方、同時に手も足も症状が出る方と色々なケースもありますから、ヘバーデン結節や足の指関節の病気とする外反母趾に関してよく知っておくことも大切です。

例えば、足にヘバーデン結節の症状が出た場合、痛みが激しく、その痛みが数ヶ月も続きます。 更に、その痛みがきえた頃に急激に足の指関節が曲がりだすというケースも多く、それが結果として外反母趾となってしまうケースも少なくありませんし、痛みがないまま、いつの間にか変形しているケースもあります。 つまり、手の指関節症であるヘバーデン結節同様に、痛みがあり、いきなり急激に曲がる進行が早いケースと痛みがなく、いつの間にか変形を起こしているような進行が遅いケースがあるといえます。 外反母趾であるか、足の関節症へバーデン結節であるかの見極めポイントは、手の指にまずヘバーデン結節の症状がないかを確認し、手首の付け根部分の骨の状態を確認しますが、この場合骨が出っ張っている場合、ヘバーデンの疑いがあります。

<< へバーデン結節治療ランキング MENU >>

 サイトTOP  へバーデン結節とは  治療方法  原因について  予防方法  症状について  病院で治療  手術

 変形性関節症  テーピング  足のへバーデン結節  漢方治療  親指のへバーデン結節  グルコサミン





copyright 2010 へバーデン結節治療ランキング Limited