へバーデン結節と変形性関節症

【はじめてお越し頂いた方へ】グルコサミンサプリメントがへバーデン結節を治療してくれる理由

ヘバーデン結節とは、変形性関節症のひとつで、指第一関節部分が痛む、はれる、変形する病気です。 そもそも、変形性関節症とは、関節軟骨部分がすり減り、その部分の周りの骨が変形するものです。 そこで、指関節部分がなんらかの症状を起こした場合に、例えば今回ご紹介するヘバーデン結節という病気もあれば、リウマチのような指関節第二部分が痛みやはれ、変形を起こす病気もあり、更には親指の付け根部分が痛みやはれ、変形を起こす場合は拇指CM関節症とにわけられるのです。

ですから、変形性関節症とひとくちにいっても、その場所ごとによる病名が異なるのです。 ただ、それらの変形性関節症において、一番の要因として加齢が指摘され、加齢に伴いそうした痛みやはれ、変形を起こすといわれています。 ただし、ヘバーデン結節での変形性関節症の結節とは、指の関節の背中部分(背側)に骨の変形がみられ、それによりふくらみが出るわけですが、そのふくらみのことを結節と呼びます。

変形性関節症の中でのヘバーデン結節は、手の指部分におこり、指第一関節部分がはれたり、痛みが伴ったりしますが、主に男性よりも女性が多い症状であるといわれており、更年期をむかえ、働き尽くめの方々に主に見られる症状といわれています。 また、治療法やはっきりとした原因として考えると、実際のところ確実なものはない病のひとつでもありますが、現在では、色々な見解から、治療としてもいくつかの方法が有効であると報告されているものでもあります。

変形性関節症で考えれば、実際のところ、手の指関節に限らず、変形性漆関節症であるとか、変形性股関節症、頚椎症、顎関節症、肩関節症と色々な種類があり、手の指関節部分においては、紹介するようなヘバーデン結節であるとか、リウマチ、拇指CM関節症などがあげられるのです。 又、これらの関節症において、専門家医師による内服薬やテーピングも有効ですが、関節に必要な成分を食事等に取り入れることも有効であると言われています。 例えば、ヒアルロン酸を含んでいる豚足や海藻、更には、グルコサミンを含むカニやエビ等、関節に必要な成分を体内へ取り入れることも実は変形性関節症には大切なことであると報告されています。

ヘバーデン結節のような変形性関節症の症状に苦しんでおられる方は、もちろん専門家へ相談することも大切ですが、食品やサプリメントなどを利用し関節軟骨のひとつの材料となる成分を取り入れることはとても重要なのです。 ちなみに、関節軟骨の材料となる成分とは、ヒアルロン酸をはじめとして、コイドロイチンやコラーゲンがあげられます。

<< へバーデン結節治療ランキング MENU >>

 サイトTOP  へバーデン結節とは  治療方法  原因について  予防方法  症状について  病院で治療  手術

 変形性関節症  テーピング  足のへバーデン結節  漢方治療  親指のへバーデン結節  グルコサミン





copyright 2010 へバーデン結節治療ランキング Limited