へバーデン結節と漢方

【はじめてお越し頂いた方へ】グルコサミンサプリメントがへバーデン結節を治療してくれる理由

ヘバーデン結節での治療として、考えられるのが、まず専門家の医師が処方する内服薬、更にはテーピング、またひどい場合には手術ということになりますが、実は、変形性関節症であるヘバーデン結節をはじめとする、関節症には漢方薬も有効であると考えられています。

ただし、ヘバーデン結節の症状といえども、人それぞれ症状は異なりますので、患者さん一人ひとりの症状に合う漢方薬でなければいけません。 又根本的な治療を考える場合、変形性関節症を完全に治すためには、関節が磨耗する、関節が老化する場合に効果的なものでなければ意味がなく、現段階では、そのような原因を治療できる方法がないというのが事実です。 つまり一番完治させられるとすれば、関節を若返らせることにありますが、関節を若返らせる治療ということでは、今のところ方法が、見つかっていないといえるのです。 ですから、現段階の治療方法としていえるのが、痛みを少しでも軽減させることや関節の機能が低下してしまうことを防ぐことでしか方法がありません。

しかし、ヘバーデン結節の治療として内服薬やテーピングというようないくつかの治療方法はありますが、お薬でヘバーデン結節を治療することには、副作用も強いことから、患者さん側も敬遠する場合が多いといわれていますし、手術では見た目はよくなったものの、またヘバーデン結節の症状が出る場合があるということで、これもまた、患者さん側にとっては敬遠される傾向にあります。 そこで、現在の治療法として色々な見解から、食べ物の成分を利用し、関節軟骨に必要な成分を摂り入れる事で改善していくのではないか、または漢方薬で関節の症状を改善させられるのではないかということが注目され、現在では漢方薬を利用している方も非常に多くなっています。

現在、ヘバーデン結節の患者さんが、漢方薬を飲んだところ改善してきたといわれている漢方として、ハトムギという種類の漢方薬がありますが、ハトムギ自体は、そもそもイネ科の植物となり、漢方に使用する場合は、種子を使うわけですが、その種子は、種皮の皮の部分を取り除いたものを使用した漢方薬です。 漢方薬の名称としては、「苡仁」とされ、筋肉や関節のしびれ、または痛みを取り除く効果がありますから、実際へバーデン結節を患っている方が試され、少しずつ症状が改善してきたというのも納得できるのです。 例えば、今へバーデン結節の症状にお悩みで、医師からの薬では副作用があり、続けられないという方は、一度漢方薬を試したいということを専門家に相談してみるのもよいでしょう。

<< へバーデン結節治療ランキング MENU >>

 サイトTOP  へバーデン結節とは  治療方法  原因について  予防方法  症状について  病院で治療  手術

 変形性関節症  テーピング  足のへバーデン結節  漢方治療  親指のへバーデン結節  グルコサミン





copyright 2010 へバーデン結節治療ランキング Limited