へバーデン結節の手術

【はじめてお越し頂いた方へ】グルコサミンサプリメントがへバーデン結節を治療してくれる理由

ヘバーデン結節という関節の病気については、実際のところはっきりとした治療法や手術で治るという報告がありません。 しかし、現在へバーデン結節の新しい治療法があるということも注目され、徐々にヘバーデン結節に対しての有効な治療法もいくつか見つけられています。

ヘバーデン結節の一般的な治療法として、お薬での治療法または、テーピングなどで治療していく形ですが、ヘバーデン結節の症状がかなり進行している場合は、形成手術を行う場合があります。 一般的には、ヘバーデン結節による変形を緩和させる意味や痛みを和らげる意味でも治療としては、内服薬やテーピングを施すことになりますが、中には痛みもひどい、変形もひどいというケースもあり、その場合の処置として考えられるのが手術となるわけです。 そして、この手術にもいくつかの方法があり、ひとつは、関節固定術と呼ばれる手術、もうひとつが、関節形成手術と呼ばれる手術あります。 ヘバーデン結節の手術の場合、その関節症の症状の度合いにより方法を確定します。

ただ、一般に手術というものは、恐いイメージがありますが、ヘバーデン結節でいえば、例えば関節固定手術を行う場合、意外と患者となる方の負担も軽くすむ手術といえるようです。 手術内容として、関節固定術だとすると、名前の通り関節を固定するための手術となり、骨が出てしまった部分を削る、またはその症状部分へワイヤーをまき固定させるような手術となります。 次に、関節形成手術の場合は、ヘバーデン結節での指関節の症状が重症な場合に手術を行います。 つまり、手術を行うことで変形してしまった指関節を元通りにさせるための手術ということになりますが、中にはひとつの意見として、見た目を醜いままにしないために行う、つまり見た目を重視した手術なので、お勧めする手術方法でないという意見もあるようです。

いずれにしても、ヘバーデン結節は、その方にしかわからない苦しみもある関節の病気ですから、一概にこの手術はいけませんといえるものでなく、中にはヘバーデン結節の症状で指が完全に曲がっている方もおられ、そうした症状の方にとって見た目だけでもきれいにという思いはあるかと思いますので、ヘバーデン結節でお悩みの方は、やはり専門家への相談が第一と考えます。 ヘバーデン治療での新たな治療法や従来の医師による治療法、更には手術による治療といくつかの方法が考えられますが、まずはヘバーデン結節の症状でお悩みの方は医師へ相談してみることをお勧めいたします。

<< へバーデン結節治療ランキング MENU >>

 サイトTOP  へバーデン結節とは  治療方法  原因について  予防方法  症状について  病院で治療  手術

 変形性関節症  テーピング  足のへバーデン結節  漢方治療  親指のへバーデン結節  グルコサミン





copyright 2010 へバーデン結節治療ランキング Limited