親指のへバーデン結節

【はじめてお越し頂いた方へ】グルコサミンサプリメントがへバーデン結節を治療してくれる理由

ヘバーデン結節とは、変形性関節症のひとつで、指の第一関節に痛みが生じる、指第一関節部分がはれる、または症状が進行すると変形をも引き起こします。 通常なら、ヘバーデン結節でお悩みの患者というと、指に異変を感じることになり、それが痛みだったり、はれであったりしますし、指5本ということではなく、人差し指から小指の4本にその症状を感じることが多いですが、症状が悪化してしまった場合は、親指部分にも変形をおこしてしまいます。

つまり、親指部分まで変形が見られた場合、かなり症状が悪化してしまったヘバーデン結節であると考えられます。 仮に、ご覧頂いている皆さんの中で、既に症状が悪化している状態であるという場合、治療として考えられるのが、お薬やテーピング、鍼灸師での治療があげられます。 しかし、ヘバーデン結節の場合、治療をしたとしても痛みを和らげる、鎮めることはできたとしても最初の段階なら治ることも可能ですが、親指を含め、すべての指が曲がってしまっている状態であれば、完全に治すということは難しいといえるのです。 しかし、その場合、改善策として手術という選択肢があります。 やはり、すべての指が曲がってしまうことは、自分としても手を見せられない、恥ずかしいという気持ちを持つ方も多く、そんな方には手術という選択肢もありますから、もし、今ご自身がその症状であれば専門医とよく相談してみるとよいでしょう。

ヘバーデン結節というものは、はっきりと断定できる原因は、まだ判明していないとわれていますが、考えられる原因として、ホルモンバランスのくずれや手を使う仕事を長い間行っていた、という女性に多いことは事実で、更には水仕事をされている方に尚更多いと言われていますので、思い当たる方は、手を休めてあげること、手のマッサージをしてあげるなど、手をいたわってあげることが、ヘバーデン結節にならないための予防にもなりうるのです。

ヘバーデン結節が悪化し、親指までも変形してしまう前に指関節部分に異常を感じた場合は、早めに医師へ相談してください。 仮に、すべての指が曲がってしまっている状態の場合でも手術により、その変形は治すことができますので、まずは専門家へ相談してみましょう。 ヘバーデン結節とは、そもそも手の冷えからきているという見解もあり、冷えることで手の指が炎症を起こします。 そして、この場合の炎症とは、凍傷というようなかたちであり、手の指に火事が起きているということになります。 つまり、手の指には骨がありますが、その骨が冷えにより炎症を起こし、火事になり、結論として溶け手しまうという具合になるのです。 また、この流れでおきている病気こそ、ヘバーデン結節というわけなのです。

<< へバーデン結節治療ランキング MENU >>

 サイトTOP  へバーデン結節とは  治療方法  原因について  予防方法  症状について  病院で治療  手術

 変形性関節症  テーピング  足のへバーデン結節  漢方治療  親指のへバーデン結節  グルコサミン





copyright 2010 へバーデン結節治療ランキング Limited