へバーデン結節の原因

【はじめてお越し頂いた方へ】グルコサミンサプリメントがへバーデン結節を治療してくれる理由

ヘバーデン結節とは、指の変形性関節症のひとつで、症状としてはリウマチと似ていて、症状の中には、手がこわばる、指が動きづらい、物を握れないというような方もおられます。

ヘバーデン結節の症状には、それらの症状だけでなく、痛みや腫れを伴う方もおられ、原因としては、症状の似ているリウマチとは違います。 ヘバーデン結節の症状をお持ちの方は、大概リウマチと思い医師へ相談、しかし、いざ検査してみるとリウマチではなく、ヘバーデン結節だったという方が非常に多いと言われています。 そんなヘバーデン結節ですが、実は、原因という原因がわからない病気でもありますし、中には治らないという声もきかれる病気なのです。 しかし、そんなヘバーデン結節ですが、年々その数は増えているにもかかわらず、その名はあまり知られていないといわれているものなのです。

まず、このヘバーデン結節であるか、ないかを判断する場合、指の関節を確認すること。 指の爪に一番近い部分である第一関節部分がはれているように見えませんか? またそれに伴い痛みはないですか? 更には、手がこわばるような感覚になる、はれぼったい、痛い、指が動かないという症状なら、もしかするとヘバーデン結節である疑いがありますので、まずは医師へ相談してください。

結論として、ヘバーデン結節の原因は、いまのところ医学的にもはっきりとした原因がわからないという見解です。 ただし、このヘバーデン結節と呼ぶ変形性関節症の一種の病気を詳しく調べたところによる報告には、性別や年齢がある意味、関係しているということがわかり、男性よりも女性が多く、この症状になり、若い年代よりも40歳代から発症する確立が高いといわれています。 つまり、更年期を発症する時期にヘバーデン結節の症状がでることが多いということが分かりました。 そこで、研究結果による原因の結論として、ホルモンのバランスに関係していることも判明し、女性が閉経をさかいにホルモンのバランスが崩れることで、体質も大きく変りますからそのホルモンバランスの影響でヘバーデン結節が発症するのではないかと考えられています。

ヘバーデン結節という名前は、実際のところまだまだ知名度が低い病気ではありますが、原因として、ご紹介したようなホルモンに関わる要因、年齢に関わる要因等があげられ、治療法などは、今のところ確立されていないものといえるのです。 現在、リウマチではないかと悩まれている方も実はヘバーデン結節である可能性はありますので、思い当たる症状をお持ちの方は、一度専門家での検査をお勧めいたします。

<< へバーデン結節治療ランキング MENU >>

 サイトTOP  へバーデン結節とは  治療方法  原因について  予防方法  症状について  病院で治療  手術

 変形性関節症  テーピング  足のへバーデン結節  漢方治療  親指のへバーデン結節  グルコサミン





copyright 2010 へバーデン結節治療ランキング Limited