へバーデン結節の症状

【はじめてお越し頂いた方へ】グルコサミンサプリメントがへバーデン結節を治療してくれる理由

ヘバーデン結節の症状としてあげられるのが、指関節の腫れや痛み、更にはリウマチに似た症状として指が変形することや手がこわばるという症状が出る方もおられます。 一般にヘバーデン結節の場合は、指の第一関節部分に症状がでますが、リウマチの場合は、指の第二関節部分に症状が出ると見られ、区別としても痛む部分や症状がでる関節部分によりヘバーデン結節であるか、リウマチであるかにわけられます。 主な、原因として考えられるのが、ヘバーデン結節の場合なら、ホルモンバランスの変化による原因や長期にわたり、手を使う作業に携っていた場合に起こると考えられています。

いずれにしても、ヘバーデン結節とリウマチの症状は似ていますが、専門家によると指の関節部分で区別するといえます。 第一関節が何らかの症状が出る場合が、ヘバーデン結節であり、第二関節部分が腫れる、変形する場合は、リウマチということになりますが、一概にすべてのヘバーデン結節、リウマチの症状が紹介したようなケースとはいえませんので、手の指関節部分がおかしいと感じたら、早めに医師へ相談することをお勧めいたします。 更にヘバーデン結節においていえば、今のところ治療方法がわかっていない、手術しても治らないといわれている病気ですが、ヘバーデンの場合は、特別痛まなければ治療をすることもないという専門家の意見もありますし、中には指のマッサージであるとか、指や手を休ませてあげることで、ヘバーデン結節は解消されるという報告もありますので、ひどく痛みがある以外は、ご自身のケアで解消される場合もあります。

ヘバーデン結節の症状として、手の指関節が腫れる方、痛みが伴う場合もあり、更には、指を動かせないという症状を持つ方もおられますが、変形性関節症を治す、ケアするものとして、例えば食品などを改善させてみることも大切です。 つまり、食品でヘバーデン結節のような変形性関節症には、体の内側からのケアも大切で、例えば関節軟骨の材料となるものには、コラーゲンがあり、更には、コンドロイチンというものもあり、ヒアルロン酸というものも大切ですから、サプリメントを利用して、そうした、関節軟骨の材料となりうる栄養素を取り入れることもヘバーデン結節のような関節を改善させる方法のひとつでもあるのです。

ヘバーデン結節の症状にお困りという方へお勧めの食品といえば、コラーゲンを含む手羽先やフカヒレもお勧めですし、コンドロイチンを含んでいる納豆や山芋、昆布なども進んでとるように心がけていただきたいと思います。

<< へバーデン結節治療ランキング MENU >>

 サイトTOP  へバーデン結節とは  治療方法  原因について  予防方法  症状について  病院で治療  手術

 変形性関節症  テーピング  足のへバーデン結節  漢方治療  親指のへバーデン結節  グルコサミン





copyright 2010 へバーデン結節治療ランキング Limited