へバーデン結節とテーピング

【はじめてお越し頂いた方へ】グルコサミンサプリメントがへバーデン結節を治療してくれる理由

ヘバーデン結節の治療のひとつに、テーピングを施す方法があります。 テーピング自体は、スポーツ選手などが怪我や負傷を予防する目的に使用しますが、ヘバーデン結節の治療においても関節にテーピングをすることで、その症状が出ている部分が変形しないように固定することとなります。 つまり、ヘバーデン結節の方は、はれや痛み、更には変形というような症状になってしまいますが、テーピングをすることで痛みを和らげる、変形を防ぐという目的に用いられます。 また、テーピングをすることで、ヘバーデン結節の重症ともいうべき手の指関節が完全に曲がってしまうことも防げますし、痛みに関しては、テーピングをすることで殆ど改善するともいわれています。

ヘバーデン結節の症状で、もし今痛みがあるが、はれや変形は見られないという方は、早めに専門家へ相談し、テーピングを施すことが何よりです。 もちろん、ヘバーデン結節の治療として、テーピングだけでなく、内服薬や手術という方法もありますが、できれば手術はさけたいものですから、早めの相談が良いと考えます。 仮に、袖に指関節が曲がり、手術を選択せざるおえない場合は、痛みまたは、炎症が全くなくなったという状態の際に行うのが良いとされています。

テーピングの主な使い方として、ヘバーデン結節の症状部分である第一関節部分にまき、関節自体の動きをとめるかたちで使うと効果的です。 ですが、通常は、テーピングを使う際に、医師や看護師の方が正しいテーピングのまき方を指導すると思いますので、わかるまでしっかりと覚えて利用することが大切です。 何故なら、ヘバーデン結節のテーピングのまき方として、曲げる方向は少しゆるめるかたちにしなくてはいけませんし、まげてはいけない方向は、しっかりと固定しなくてはいけません。 つまり、関節または筋肉、更には靭帯という構造をきちんと考えた上でテーピングしなければ、効果がでないといえるのです。 また、まき方だけでなく、テーピングをする際には、手のストレッチなども行って血行にも気を配る必要がありますから、ヘバーデン結節の症状をお持ちの方で、テーピングの治療を試したいという場合は、必ず専門家からの指導を受けてから行うことをお勧めすると同時に重度に至るまで放置せず、おかしいと感じたら早めに医師へ相談してください。

テーピングのテープは、ちなみに布または紙ですが、どちらかといえば布の方が巻きやすいかと思いますし、あまり固定に気をとられ強くまきすぎるのにも注意してください。

<< へバーデン結節治療ランキング MENU >>

 サイトTOP  へバーデン結節とは  治療方法  原因について  予防方法  症状について  病院で治療  手術

 変形性関節症  テーピング  足のへバーデン結節  漢方治療  親指のへバーデン結節  グルコサミン





copyright 2010 へバーデン結節治療ランキング Limited