へバーデン結節の予防

【はじめてお越し頂いた方へ】グルコサミンサプリメントがへバーデン結節を治療してくれる理由

ヘバーデン結節を予防する方法とは、一概にこれがいいですというものはなく、原因や要因を考えた場合、指先を良く使うお仕事をされていた、もしくはされている方が、ヘバーデン結節の症状が主に発症するといわれ、男性より、女性の確立が高く、女性が閉経によるホルモン変化が原因でヘバーデン結節の症状がでるといわれています。

予防ということで、考えた場合、やはり要因にあげられる手先を主に使うことをなるべく少なくできれば予防になりうるということがいえます。 つまり、主に手先を使う仕事をされている方は、手先、指を休めることも大切だということがいえますし、それが予防にもなりますね。 また、指先の血行をよくするようなマッサージなどを行うことも有効です。 痛みが伴う症状の場合は、痛みを最小限にする意味でもテーピングする方法もあります。 ヘバーデン結節の原因は、判明していないことはあきらかですが、要因として指先を主に使う仕事をしている方ということで、やはり指先の血行をよくする意味でもマッサージや手を休ませてあげることが予防であり、もう既にヘバーデン結節の症状が出ている場合なら、少しずつ痛みや手がこわばる症状も和らいでくると考えられます。

最近では、三紀均等と呼ばれる方法もあり、この方法でヘバーデン結節が改善した、よくなってきたという報告もありますので、治療法がない、手術しても治らない可能性があるとはいえ、色々な改善報告がありますので、実践してみることも大切です。 予防としては、現在関節の痛みに効果のあるものとして、サプリメントも注目を集めていますから、指を休める、手を休めてあげる、マッサージをしてあげるほかにも、サプリメントを取り入れてみることも改善の可能性は大きいといえます。 また、サプリメントに関して言えば、関節の痛みだけでなく、健康そのものにも良く、更には美容にも効果的であることから注目をあつめていますので、主に、女性の方がヘバーデン結節の症状が発症しやすいと言われていますので、試されることもひとつの改善策と考えます。

ヘバーデン結節とは、原因や治療法が判明できていないとされるものですが、実は、その本当の原因は、指ではなく骨の問題による原因がもとで指関節がはれる、痛む、こわばるというような症状が起きているという報告もあります。 更に東洋の医学によれば骨は腎臓同様に腎に属されるといわれ、その腎を強くすることでヘバーデン結節は改善されるといいます。 ヘバーデン結節は、まだまだ、治療法、原因の判明していないものではありますが、色々な専門家による見解をもとに予防を試されることも症状を改善させるひとつの方法だと考えます。

<< へバーデン結節治療ランキング MENU >>

 サイトTOP  へバーデン結節とは  治療方法  原因について  予防方法  症状について  病院で治療  手術

 変形性関節症  テーピング  足のへバーデン結節  漢方治療  親指のへバーデン結節  グルコサミン





copyright 2010 へバーデン結節治療ランキング Limited